スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業奉仕につて 川原田委員長

 21, 2017 08:48
平成29年1月17日例会卓話 川原田一史職業奉仕委員長の研究成果を全文掲載いたします。
是非ご一読ください。
IMG_0077.jpg


『職業奉仕ってなに?』職業奉仕委員長 川原田 一史

さて、今月が「職業奉仕月間」ということで、「職業奉仕は日常実践するもので、職業奉仕月間は職業奉仕を理解する月間」なので、難解で難しくて、訳わからなくなりましたけど、このロータリーの神髄である「職業奉仕」について自分なりに感じたり、考えたことを紹介していきたいと思います。

まず、この職業奉仕とは、アーサー・フレデリック・シェルドンが提唱したロータリー固有の奉仕理念でありますが、これを理解するには「ロータリー運動は倫理運動である」ことを理解しなければなりません。この倫理とは「人が正しく歩む道」の事です。人を泣かせるような行為をしてはいけない、人を欺いてもいけない、非人道的、非社会的行為をしてはいけない、世のため人のために尽くしなさい、というのが倫理の教えです。これをまず理解したうえで、職業奉仕を考えていきましょう。

「自分の職業を通して社会に奉仕するのが職業奉仕である」と、よく言われてますが、自分の職業を通そうが通すまいが、社会に奉仕するのですから、この奉仕活動は社会奉仕です。でも職業奉仕と区別するには、「受益者が誰であるか」という事を考えなければならない。つまり奉仕活動によって、受益者が「自分以外の地域の人々、もしくは地域社会の場合は「社会奉仕」であると思います。逆に、奉仕活動によって、受益者が今度は自分自身の場合は「職業奉仕」であるという事になると思います。
つまり「職業奉仕」という言葉の「職業」とはお金を儲ける為の手段で、私たちが生きていくために正当な利益を得るということは自然な事なんですが、利益追求ばかりでなく世のため人のために「奉仕」活動をすれば、そこには「尊敬と信頼と信用」を得ることが出来て、しいては廻り回って自分の職業が繁栄するという事です。
そしてこれを実践することによって、顧客の満足度を最優先にして自らの職業を通じて他人に奉仕すると、顧客がリピーターとなって何度も訪れ、また別の顧客を紹介してくれるから、その店は発展していきます。リピーターが再三訪れる店は、当然のことながら高い商道徳を持っています。ですから、職業奉仕の実践は結果として高い職業倫理にも繋がるし、事業の発展が継続していく事になります。
「最も多く奉仕する者、最も多く報われる」という言葉をご存知でしょう。これはより多くの社会奉仕活動をすればするほど、その地域の人々や地域社会からより多くの職業奉仕である「尊敬と信頼と信用」を得るのです。これが「最も多く奉仕する者、最も多く報われる」なのです。つまり、ロータリーの職業奉仕とは、「職業を営むこと(金を儲けること)が、世のため人のための奉仕となる」と言っているのです。ここが職業奉仕にとって一番難解な点です。

でも、日本にも実は昔から、同じような考えがあったのです。そちらのほうが理解しやすかったので、紹介します。先ほど「職業奉仕」を実践していくと、結果、事業の発展が続きますよ、とお話ししましたが、そうゆう意味では逆に企業の継続こそが「職業奉仕」と言えるんじゃないのかなって思います。
この企業の継続といいますと、現在私の店は東京西川チェーンと言うボランタリチェーンに加入しております。西川産業という寝具の老舗メーカーの商品を扱っておりますけど、この西川産業、年が明けたので昨年のことになりますが、創業450年を迎えました。1566年、室町時代の頃から続いてるって言うんだから気の遠くなるような話です。ところが調べてみると日本には100年以上続く企業が数多く存在し、しかも、200年を超える世界の長寿企業の半数以上は、日本の企業だそうです。東京商工リサーチの調査では、2017年に創業100年以上となる老舗企業は、全国で3万3,069社あることがわかりました。業歴別では「100年以上200年未満」が3万1,136社、「200年以上300年未満」が822社、「300年以上400年未満」が639社、「400年以上1,000年未満」が465社、そして1,000年以上の企業は7社もありました。このように長寿企業となるためには経営理念が大変重要ですが、西川産業も含め「近江商人」が作った店が数多く長寿企業として現在も続いております。有名なとこでは、近藤幹事がいらっしゃった「トヨタ」をはじめ、「高島屋」「ワコール」「日本生命」「丸紅」「伊藤忠」「大丸」などが近江商人の流れを汲む代表的な企業です。そしてその近江商人の経営哲学が「三方よし」という考えです。彼らは、本拠地である近江から、天秤棒を担いで他国に赴き、麻の布などの近江の名産品を売り歩いていたそうです。そして商売が成功すると、その地域に店を出店し、現地の人の声に耳を傾け、需要の高い商品を全国から仕入れて商いを行っていました。よそ者である近江商人が各地で受け入れられるためには、顧客や地域社会から信頼を得る必要があったので、彼らは売り手本位の商いを禁じていました。このような経緯から生まれたのが、「売り手よし、買い手よし、世間よし」という考えです。売り手の都合だけで商いをする事を禁じ、買い手が心の底から満足できるサービスを提供すること、さらに事業活動が地域社会の発展や福利の増進に繋がることまでを、彼らの使命としていました。これこそがシェルドンの考えであり、はるか昔の日本にも同じ考えがあり現在にも通じる教えであると思います。そして近江商人の商売の心得である十訓を紹介します。
一、商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬な

(三方良しの原点です)
二、店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何。
(品質、立地の重要さ)

三、売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる。
(顧客満足度を上げる)

四、資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし。
(資金より大切な財産、それは信頼である)

五、無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ。
(流行に惑わされない、良いものを提供する)

六、良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり。
(五、に同じ)

七、紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ。
(良い接客でお客様に奉仕を)

八、正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ。
(デフレーションの仕組みは、この訓示に逆行していますね)

九、今日の損益を常に考えよ、今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ。
(長期的視野も大切、今日一日の経営も大切)

十、商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ。
(商売の鉄則、松下イズムに通じるのもここにあり)

以上、商売十訓でしたけど、大変わかりやすく、商売の基本だなぁと思うところがたくさんあったと思います。
いずれも、世のため、人のために、自分の職業を通して社会に貢献できるように、常に意識をしてロータリアンとして行動するように努めていきたいと思います。
最後にロータリアンとしての職業倫理のもっとも明快節潔な原則であり、「職業奉仕」の指針として常用している、四つのテストを唱和して、この卓話を終わりたいと思います。一緒に唱和お願いします。
言行はこれに照らしてから
1. 真実かどうか?
2. みんなに公平か?
3. 好意と友情を深めるか?
4. みんなのためになるかどうか?

最後まで、つたない話をご清聴いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
国際ロータリー第2500地区 2017~18年度のガバナー事務所が完成して、
堂々のオープンとなりました。

8月19日には、成瀬ガバナー、本間地区幹事のほか関係者が一堂に集まり
目出度く開所式となりました。
まだまだがらんとしていますが、徐々に事務所らしくなっています。

住所は
北4条西3丁目 その名も「ポラリス」という立派な建物2階です。
ポラリスとは、皆さんご存知の通り、こぐま座α星、こぐま座で
最も明るい恒星で2等星ですね。
現在の北極星ですね。
古来日本では、北の大星とか北の明星とか北辰とか目当て星とか呼ばれています。
ポラリスは、地球から見てほとんど動かない星ですので、世界各地で『不動の星』と
認識され、大航海時代が訪れたのでしょうか。

いよいよ、成瀬ガバナーも、大航海に臨むことでしょうね!ポラリスを守り星として、ぶれずに進んで行く事でしょう!
船出に際し、非常に縁起の良い事務所が開設したお話でした・・・。(話題子2世、久方ぶりに会心の文章でした?)
会長 : 松 山  茂
【四大奉仕部門  担当】 会長エレクト: 後藤田 生子
【クラブ奉仕運営部門 担当】 副会長   : 池田  真哲
幹事 : 近 藤 昌 義     直前会長 : 野 田 美智明
副幹事  : 小 澤 儀 仁   SAA : 田 中 勝 則    会計   : 吾孫子  力
理 事・ 親  睦 : 大 谷 義 則    理 事・社会 奉仕: 鴻 巣 直 樹
理 事・ 例   会 : 石 川 康 弘    理 事・青少年奉仕: 益 村 公 人
理 事・職業 奉仕: 川原田 一 史    理 事・国際 奉仕: 松 尾 富 彦

[委員会構成] ◎委員長 〇副委員長

クラブ奉仕部門 ・副会長(池田 真哲)担当
会員委員会 ◎ 高田  巧 〇北村 譲二 ・畑山 敏光

広報委員会 ◎山崎 研司 〇松井  丈 ・本間 公三

親睦委員会 ◎大谷 義則 〇奥谷 雍子
         ・藤田正文・山田俊美 ・佐々木儀幸・中野邦夫・波岡英治
         ・東義真・伴道弘・菅原巌・杉村浩 ・近田光廣・下道考禎・浅利順愛

例会委員会 ◎ 石川 康弘 〇一色  隆 ・成瀬 則之

(運営部門) ・会長エレクト(後藤田 生子)担当      

SAA(会場監督) ◎ 田中 勝則 〇小澤 儀仁 ・野田 美智明

職業 奉仕委員会 ◎川原田 一史 〇米村 喜和 ・本間 弘哉

社会奉仕委員会 ◎鴻巣 直樹 〇荒木 哲夫 ・田中 克政

国際 奉仕委員会 ◎ 松尾 富彦 〇高橋  清 ・秋永 智淳


ロータリー 財団・米山記念奨学会委員会  ◎茄子川 昌弘 〇吉住 光子 ・藤原 孝一

青少年 奉仕委員会 ◎ 益村 公人  〇中原 章博 ・本間 信一

      ※地区委員会参画 派遣委員

・ガバナーエレクト 成瀬 則之

・ ローターアクト委員会  委員長: 池田 真哲

・ロータリー情報・CLP推進委員会  委員長: 松井  丈

 ・危機管理委員会  委員: 池田 真哲

・ローターアクト委員会  委員: 益村 公人

 ・青少年委員会  委員: 本間 信一

2016~2017年度 網走ロータリークラブ方針 松山茂

会 長  松 山  茂
「温故知新」 もって師となるべし
 ・古きことを大切に温めて、誰かに教えるくらいしっかり研究し習熟してこそ、新しい事を知ることができる。 選ばれた会員が毎週開かれる例会に集って、お互いが、師となり徒なって奉仕の心を学び自己研鑽を重ねる
重点目標
 例会の活性
例会においていかに友情を深めるかを考え実行すること
いかにして、真の親睦が保たれるような環境整備をはかる
   ↓
 理事会
例会の場で職業上の発想の交換を通じて分かち合いの精神による事業の永続性を学び、友情を深め、自己改善をはかる
いかにして、真の親睦が保たれるような環境整備をはかる
       活動重点目標
※・例会の活性化 …「理事会」
例会の場で職業上の発想の交換を通じて分かち合いの精神による事業の永続性を学び友情を深め、自己改善をはかる
(例会においていかに友情を深めるかを考え行動すること、いかにして真の友情が保たれるような環境の整備をはかる)

※・委員会活動に対する啓蒙 …「委員会」
 所属委員会の仕事を十分に理解し委員会の目標達成に向け議論および行動の実践をまた、活動状況について定期的な話し合いを持つ

※・ガバナー輩出年度に向けた支援・協力 …「全員」
 会長エレクト研修セミナー、地区研修、協議会開催への積極的な参加
皆様!超・・ご無沙汰しています。
網走ロータリークラブのブログは一体どうなっているのだ、さっぱり更新していないじゃないか。
というお声が全く聞こえてこないのでした。超!寂しい・・・。
読者の声に励まされ、自分自身で叱咤激励して今後は復活するのだ!
どうしてそんな気になったかって?次年度広報委員会の副委員長を仰せつかったからですよ

それでは、野田会長のお話を見てください。
とっても勉強になりました。

今日の挨拶は、 「コンパニオンプランツ」 の話をさせていただきます。
 二種類以上の植物を近距離に植えて栽培すると、一方または双方に生育がよくなる、病害虫が減るなどの効果が現れることがあります。「コンパニオンプランツ」(共栄作物、共存作物)とは、読んで字のごとく共存共栄関係のこと、あるいは、そのような関係にある植物同士のことをいいます。具体的には、キュウリなどのウリ科とネギ類を混植すると、ウリ科野菜の連作障害から来る「つる割病」が減少するなどが挙げられます。
 
 なぜそのような共存共栄関係が成り立つのかについては、次のような理由があるらしいのです。 
・アレロパシー(他感作用)
植物は、その他の生物(微生物・昆虫なども)の生育促進・雑草の生育の抑制、害虫や病原菌の活動の抑制に寄与します。
・寄主特異性
同じ土で同じ植物ばかり植えると、害虫・病原菌が集まりやすい環境になります。そこ
に病害虫が嫌う植物を植えることにより、集まりが悪くなります。
 ・極相(クライマックス)
  植物が何度も種類を変えながら移ろいゆき、その土地に最も適合した安定的な状態に到
達することです。更地→草が生える→陽樹・落葉→陰樹・常緑→その先は、授業でもTV
でもあまり聞きませんが、最後は花畑になり昆虫の世界になります。
・根圏微生物
 同じ植物ばかりだと特定の微生物に偏り、生育不良・連作障害の原因となります。
・バンカープランツ(天敵温存植物)
 害虫には、必ず天敵が存在します。この天敵に好適なすみかや餌を提供する植物をバン
 カープランツといい、てんとう虫などが有名です。
 話はあと10ページになりますので、最後にわかりやすい例を紹介します。
 トマトにはマリーゴールドやバジルを植えると、コナジラミなどの害虫を遠ざけ生育を助
けます。コンテナで育てる場合の寄せ植えに最適です。

新年例会で頂いた「宝くじ」
関東・中部・東北自治宝くじ

第2364回初夢宝くじが見事当たりました!
IMG_1894.jpg

1等180,000,000円が当たったら市に寄付したいと市長にお話ししましたが、
そこまで行かず今回の寄附は見送りとなりました。
でも、宝くじが当たるなんていい年になりそうですね。

ふれ合いクリスマスです!

 23, 2015 17:02
 本日、23日11時より恒例のふれ合いクリスマスが開催されました。
網走ロータリークラブからは、14名?が参加、N会長・Y幹事・Mエレクト・G副会長・
K社会奉仕委員長・T副委員長・H委員・N委員
そしてO女性会員・M会計・O次年度副幹事・Y女性会員・N会員(子供さんも)・N会長夫人の面々です。

いつものように会場内は、大勢の親子連れで大賑わい!バンド演奏にサンタさんのプレゼントと楽しい時間が・・・。
会場入り口では、育成会の皆さんが手作りのお店を開設!話題子は毎年のように買物。

さあそれでは、網走クラブのサンタさんの写真集をご覧あれ!!!
最後までご覧になった方には、話題子よりビッグなプレゼントがあります。
(波岡会員に感謝!)

1.jpg
「サンタの入場です!」

2_201512231653091be.jpg
「サンタのご挨拶です」


4_201512231653122b1.jpg
「プレゼントを配るK委員長サンタ」

3_201512231653108ff.jpg
「このサンタは誰でしょう?」

5_201512231653130c3.jpg
「本日の4人のサンタが勢ぞろい」

7_201512231653526cc.jpg
「サンタさんと写真撮影が延々と続く・・・・・・」

8_201512231653537a9.jpg
「サンタが帰る、明日の準備に」

9_201512231653557b2.jpg
おまけの写真です。この方たちには、サンタさんは果たして来るのでしょうか?
話題子はこの恵まれないロータリアンにも、サンタさんはもしかしたらプレゼントをもって明日の夜くるような気がします。

何故かって?このテーブルではM次年度を中心に、ロータリーが50年以上続けているバス旅行の事業の在り方を
喧々諤々と議論していたから。嬉しいですね、良いですね!さすが網走クラブですね!

そこで、読者に話題子からビッグなプレゼントを・・・
1955年、アメリカ中央防衛空軍基地の司令官のハリー・シャウプ大佐は、間違ってかかってきた子供の電話を受けた。
「どうやらサンタは北極点から南に向かっているようだよ」
純真な子供が抱くサンタの夢を壊してはいけないと、シャウプ大佐は機転を利かせた。
こんな夢あふれるやりとりがあって以来、アメリカのNORAD (北米航空宇宙防衛司令部)では、毎年「サンタ追跡プログラム」が実施されている。
NORAD(ノーラッド)では、レーダー、サテライト、サンタカメラやジェット戦闘機など四つのハイテク・システムを使い、サンタをリアルタイムで追跡しているという。
もちろんジョーク半分のユーモアの世界だが、子供達の純真な夢を大切にする大人達の素敵な計らいを素直に楽しみたいところだ。

ノーラッド(NORAD)日本語公式サイトhttp://www.noradsanta.org/jp/home.htm
会長ご免なさい。話す前に載せてしまいました。
どうして、今日の会長挨拶をすっぱ抜いたのか?
「話題子」だけの情報源があるのです。
会長のパソコンに侵入したのではありませんよ。
野田会長の「夢」の中に入って、挨拶を聞いたのです?
では、どうぞ!

「クジラ」
 今月はロータリー財団月間です。本間財団副委員長より、のちほど卓話を頂くことになっていますので、ここではいたしません。

 15日に「全国鯨フォーラム2015網走」に参加してきました。
10名ほどロータリーメンバーの顔もうかがわれました。

・網走と鯨の関わりは、この地が網走と呼ばれる遥か昔からありました。国指      
 定史跡の網走市モヨロ貝塚は、7〜8世紀にオホーツク文化最大の遺跡で、 
 そのモヨロ貝塚から鯨の骨で作られた道具が多数発掘されており、当時から
 鯨との深い関わりがあったことがうかがえます。
・網走での近代捕鯨は、1915年、東洋捕鯨会社が捕鯨工場を建てたのが始まりで、その当時は、ナガス鯨やザトウ鯨などの大型の鯨やミンク鯨を捕鯨し、最盛期の1950年代には捕鯨会社が7社操業するなど一大産業を形成していましたが、資源の減少などで1962年には大型捕鯨会社は全て撤退し、その後は、ミンク鯨捕鯨を主体とする小型捕鯨業者が操業を続けていました。
・しかし、みなさんも知っていると思いますが、国際捕鯨委員会(IWC)で商業捕鯨モラトリアム(大型鯨類の商業捕鯨“一時停止”措置)が決議され、1987年を最後に、それまで小型捕鯨業者が行っていたミンク鯨を対象とした商業捕鯨を“中断”せざるを得なくなり、市内の小型捕鯨業者はIWC管轄外の鯨を対象とした商業捕鯨に従事し、網走の捕鯨文化・鯨食文化を絶やさぬよう活動を続けています。

フォーラムを聞いた中で、網走には昔から鯨と関わってきたわりには、鯨に関するモニュメントなどの物が、まったく見当たりません。刑務所・流氷だけではなく、鯨をもっとアピールしてもいいのではないでしょうか。

以上で会長挨拶を終わります。

ミンククジラ
久しぶりに、会長のご挨拶を掲載します。
本年の野田会長は、研究熱心で知られますが、話のジャンルはとても幅広く毎回楽しみなものがあります。
それでは、お読みください!

as-seen-from-the-grand.jpg


「ベニスと日本の城」 
 
 皆が知っている「ベニスの商人」であるが、イタリア語では、ベェネツィアである。ここは、中世ヨーロッパの拠点でもある。何故、繁栄したのかというと、インドの胡椒を取引して財をなし、栄えた街で、その前はイタリアからのがれここに住んだ人達であった。何故この話をするかと云うと大変であるが、環境にやさしい生き方であるからである。
 ここは湿地で浮島・沼の上に街ができています。1m2に直径20CMほど、長さ2〜5m木杭(カラマツ・カシ)をカラント層(圧縮されて固くなった粘土層に9本の丸太を打ち込み、その上に石作りの街(家)を作ったからである。日本でも地震により、液状化現象で道路・家が傾くときに、サンドパイル工法で地盤を安定化しています。丸太は唐松で、水のなかでは腐らず数100年もち、周りは、湖や海で外敵から守られている要塞になっています。
 日本でも同じ様な所があります。4〜500年も持っている家・城があります。だいたい田圃・沼地に建っている所で、地盤は丸太でいかだ作りです。今の家は、メンテナンスをしても500年もたないと思います。鉄はさび、コンクリートは剥げてしまいます。家をヨーロッパでは何100年も直して使っています。日本はせいぜい50年くらいで、家を建て替えてしまいます。日本の古民家は長持ちしますよね。古民家の店も落ち着くのは私だけでしょうか。
 話は、ベニスにもどします。パイルド・ラフト基礎で作られていますが、大地震でも、液状化はしていませんが、ここ200年で、80センチもの水位が上昇します。お金をかければそれなりの方法はあると思いますが、それではベネチアではなくなります。今の街並みを維持しないと、雰囲気・景観が損なわれては何もならないと思います。日本では、東北大震災で防波堤を6メートル以上にしては、観光客は来なくなりより過疎化が進むと思います。

野田会長年度の公式訪問

 22, 2015 17:02
徒然なる公式訪問

DSCF00271.jpg

7月~新年度が始まったばかり・・・なのにもう早、ガバナーがいらっしゃる。
網走ロータリークラブが得意とする「おもてなしの心」、間に合わない!どうしよう!
野田会長・山口幹事は大変なのだ・・・。
準備に大わらわ。しかし会計の話題子は、落ち着いたもの。何せ20有余年もこのガバナー公式訪問を経験しているからか?

いつも議論になる。「早い方が、事業計画を述べればいいだけだから・・・」
「遅い公式訪問だと、事業の進捗状況に厳しい講評が」
どちらが良いのか?話題子は、遅い派である。
何故ならガバナーも公式訪問に慣れて脂がのり良いアドバイスや他クラブの事例を紹介してくれるではないか。
でも逆に早いと、東堂ガバナーも言っていたが、網走クラブの良い所を他のクラブに紹介させて頂きますと・・・。
そんな意味では、再来年の、成瀬ガバナー年度の我がクラブの公式訪問は最終クラブなので、楽しみである。



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。